なぜ食べ物からよりも葉酸サプリから葉酸を摂取するのがおすすめなの?

2017年11月22日 | からholidaysmaltagozo-com | ファイル: 成分が特化している.

妊婦さんや妊活中の女性、授乳中の女性に必須といってもいい栄養素が葉酸です。この葉酸、食べ物から摂取する事も出来ますが、今は葉酸サプリを利用しても必要な量を摂取する事は出来ますよね。

わざわざ葉酸サプリを購入するのがめんどくさい、安全面が心配だから葉酸サプリは嫌。そんな人もいて、食べ物から葉酸を摂取するのを選んでいる人もいますよね。

しかし、葉酸は食べ物からよりも、サプリから摂取する方が断然楽なのを知っていますか?

食べ物から必要な量の葉酸は摂取しにくい!

葉酸が含まれている食べ物は沢山あります。ほうれん草や菜の花、ブロッコリーや枝豆、いちごやマンゴーなど、野菜やフルーツ等、色んな食べ物に含まれています。

こんなに沢山のものに含まれているんだから、食べ物からも手軽に摂取できる、そう思いますよね?
しかし、それは逆なんです。

食べ物に含まれている葉酸は、「ポリグルタミン酸」です。このポリグルタミン酸がモノグルタミン酸に変換して体に吸収されるんですが、この変換の過程で、葉酸が50%まで減ってしまうんです。

つまり、食べ物で葉酸100ug摂取した場合、実質の吸収量は50ugほどという事です。それだけじゃなく、食べ物に含まれている葉酸は、煮たり、焼いたりすると減少してしまう物がほとんどなんですね。

妊娠中に必要な葉酸摂取量は、480ugと言われています。この480ugを摂取するためには、どれだけ食べ物を食べればいいのか?

ほうれん草には100gあたり210ugの葉酸が含まれていると言われていて、一束約200gですから、吸収過程で葉酸が減る事も考えると、かなりの量のほうれん草が必要になります。

一束食べるだけでも辛いのに、2束3束なんて、妊婦さんにはまず無理ですよね。

葉酸サプリなら手軽に葉酸摂取が出来る!

葉酸サプリの場合、モノグルタミン酸の葉酸が最初から配合されているんです。その為、ポリグルタミン酸からモノグルタミン酸に変換して50%葉酸が減る、という事はないんですね。

また、食べ物じゃないので、煮たり焼いたりして葉酸が減った、という事もありません。つまり、サプリを飲めば、480ugそのまま全ての葉酸を確実に摂取できるんです。

食べ物だと、どんなに計算して食べても「本当に必要な分だけ摂取出来たのかな?」と心配になりますよね。

葉酸サプリだとパッケージに書かれている葉酸量をそのまま摂取できるので、「本当に葉酸を摂取出来てる?」と心配になる事はないんです。

なぜ葉酸サプリが妊娠・妊活女性に人気なのかというと、必要な量の葉酸が確実に摂取できるからなんですね。

食べ物よりも、サプリで葉酸を摂取した方が良い理由を紹介しました。食べ物で葉酸を摂取するのは、かなり大変です。

それでも無理して食べ物から葉酸を摂取しようとして、体調不良になってしまったら、お腹の赤ちゃんにも良くありませんよね。

お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えないように、妊活・妊娠中の体に少しでも負担をかけないように、手軽に葉酸が摂取できる葉酸サプリの利用を考えてみてくださいね。


コメントは締め切りました。